若い女と結婚すると熟年離婚する理由

更新日:

年の差のある夫婦が増えてきた。職場の45歳のさえないオッサンが、26歳の若い女と結婚して、人生の勝ち組だ!と持て囃された。なんとも羨ましい話である。

年の差夫婦

俺も10年後に20歳年下の女と結婚する準備はできている。
だが、不安要素も多々ある。それが離婚だ。

熟年離婚が増えている

仕事しかしてこなかった男は定年退職したら何も残らない。特に家事も育児もしてこなかった頑固な老人が、趣味や友達つくりなどにチャレンジすることは難しい。やることなく無駄に過ごし退職金と年金を食いつぶす。生きる価値も見いだせずに鬱になる人も多い。同居している子供からも邪魔もの扱いだ。気遣いのできない男には何も残らないのだよ。

一方で女は趣味や友達も多く、育児も頑張ってきたため、子供からの愛情も多くもらえる。

今までは金を稼いでいた男が強くても、定年を境に夫婦関係が逆転する

金も稼げず何の魅力もない男に、情報に敏感な女は愛想を尽かす。そして離婚へ…
卒婚なんて綺麗な言葉に置き換えられたりしているが、そういうイメージも熟年離婚を促進していることは間違いない。

これは同年代同士の結婚でも起こっていることなのである。
それが年の差婚の夫婦の場合はどうなっていくのだろうか。

離婚率が3割で熟年離婚が増えている時代に、年の差で結婚した夫婦が生き残れるとは思えない

女は子供を産んで価値観が変わる

ちょっと頭が弱く、かつ将来に希望を持っていない若い女は平気で自分の父親と同じぐらいの人たちと恋愛をする。父親の元を離れてなお、父親に甘えようとするのだ。だが、子供ができると母性やら達成感やらの様々な感情が入り交じり、価値観が変わる。

新たな人生が始まった自身の子供を見て思う。人生は一度きりなんだな、私の人生は終わったのかな?と。

するとどうだろうか。今まで本気で恋愛をせずに楽な道を選んだことを後悔する。気づけば旦那は退職も近く金以外何の魅力もない。でも、私は若い。

このままでいいのか…。平坦な道ではなく、いばらの道を歩いてもいいんじゃないか。私の一度きりの人生なのだから。

そんな流れからシングルマザーが誕生するのだ。

若ければ子供がいても再婚もできるし、国や親も守ってくれる。保育園も入りやすいし生活保護ももらえる。腐った旦那の死を待つのではなく新たな恋愛にチャレンジしたい。

男は退職したら最下等生物

40代の独身男は最強だ。金も時間もある。知識も豊富で、女を選び放題なわけだ。そりゃ若い女を狙うわな。失敗しても別の女にチャレンジすりゃいいだけ。失うものもないし、焦るこたぁない。合コンでも婚活パーティーでもなんでもござれ。女は星の数ほどいる。

右も左も分からない情弱な若い女と付き合うことも簡単だ。だが、本当にその女はアホなままでいてくれるだろうか。何かがきっかけで変化するのではないだろうか。出産、親の死、友人の離婚、激しい恋愛ドラマ…ちょっとしたことで価値観なんてコロっと変わる。あなたとコロっと付き合ったように。

価値観が変わっても自分のそばにい続けさせることができる自信はあるか?だったら、同年代の女を狙うべきではないのか?

平均寿命を考えるなら、男は7歳上の女と結婚しなければ「お前100まで、わしゃ99まで」の計算が合わない

年の差の結婚は離婚への片道切符

芸能界は特に年の差が目立つ。ジョージやオチマサトのような高年収のハイスペ男でさえ年には勝てずに離婚している

年の差でずっとアツアツな夫婦っているかい?
統計によると満足し続けている夫婦は2割しかいない。年の差婚ならもっと低くなるでしょうね。

女房と畳は新しいほうがいいのは間違いない。だが、歳が離れ何十年も関係を維持するのは難しい。

-離婚・不倫・浮気

Copyright© アラフォーの婚活の種類 , 2018 All Rights Reserved.