40代男性の出会い

40代の婚活ブログは、ネット婚活を利用した気軽な出会い探しをメインに活動しているオジサンの活動記録である。

学生も多くいて真面目な出会いと遊びの出会いが半分つづになっているが真剣に恋人を探している人も多い。

アプリは婚活するにあたって選択肢の一つとしては間違いない。

しかし40代の低スペックであるとマッチングアプリでは相手にされずにメールを送ることもできずに出会えない。

婚活アプリで40代の男が婚活できる

私はすでに40半ばですが、婚活アプリでかなりの女性と出会い、口説き落としています。

ツールで恋人や寂しさを紛らわしたり、自分を幸せにできるツールです。

「なんでおっさんがそんなに出会えるのか?」「出会うまでもっていったとしても相手はおっさんだと嫌がらるんじゃないか?」と思うと思います。

結論からいうと全く問題なく出会えます。

40代の童貞率が増えていると話題ですが、逆に言えば、ほとんどの40代が消極的で恋愛をしてこないので、攻めるだけで出会いやすい環境が整っているのです。

非モテの男でも会える

婚活アプリは僕のようなモテない40代の男性でもガンガン出会えるツールです。
大げさではなくこれはホントの話。

実は職場の後輩が20代なので一緒に婚活アプリをやるときがありますが、全く負ける気配はありません(笑)

女性からみた男性は、だいたい35歳くらいから、「お兄さん」から「おっさん」に変化していくようですが、あまり女性はおっさんでも気にしないんだなってことがほとんどです。

まあ、ハタチ前後くらいの女の子にとっては、アラサー付近から「おっさん」と捉える場合もあるようですが・・・。

そもそも婚活アプリの利用者もおっさんばっかりなので慣れてるってのもあるんでしょう。

かく言う僕も、アラフォーの領域に足を踏み入れて立派なおっさん生活を満喫している訳ですが、やっぱりこの歳になっても若い子への憧れが消えることは全くありません。

女性を検索していても、同年代をターゲットにアプローチするのが無難だと頭では分かっていながら、実際には20代の女の子ばかりファーストメールを送っていることがほとんどです(笑)

しかし逆に考えると、若い子へのアプローチが許される場でもあるのが婚活アプリなんです。

既存のリアルなコミュニティでは難しい、歳の差男女の共存、これこそが大きなメリットと言えます。

今回は、アラフォー男性が20代の女性と仲良くなるにはどうすればよいか、という設定をイメージし、その方法を考えていきたいと思います。

相手女性の希望年齢をチェックする

どの婚活アプリサイトでも、女性のプロフィールに男性への希望項目か設定されている事が多く、その女性が何歳から何歳までの男性とやり取りしたいのかが分かります。

20代の女性の中にも、アラフォー男性が相手としてOKな女性は決して少なくないので、積極的にアプローチしてみましょう。
女性によっては自己紹介文で「年上好き」を明言している人も多いです。

逆に希望年齢の上限がコチラの年齢と掛け離れている女性に対しては、どんなにコチラのプロフィールやメールの内容が魅了的なものであったとしても、返事はほとんど期待できません。
場合によっては「プロフィールちゃんと読んでますか?」などとわざわざひと言言ってくる女性もいるので避けるのが賢明です。

大人な雰囲気で文章を書く

相手が若いからといって、無理に絵文字や顔文字を多用したメールはNGです。
ただただイタい印象だけを与えかねません(笑)
また、いきなりタメ口のみで語りかけるのも頂けません。

年上好きな女性は文体からも落ち着いた印象を受ける場合が多いので、コチラも極力普通な感じの文体を心掛け、絵文字や顔文字などの使用頻度も相手の文体に合わせる感じで文章が書ければよいでしょう。

敬語を主に利用した文体で相手に語りかけ、たまにタメ口を放り込むくらいの感じがベストだと考えます。

もちろん、ある程度仲良くなってきたら、お互いにタメ口でのやり取りを解禁し、さらに親密になれるような雰囲気を作ってあげる気配りも必要です。

相手女性が求めていることを意識してメールの内容を考える

年上好きの女性が男性に対して求めるものは、頼りがいや包容力、優しさといった器の大きさ、懐の深さです。

また、経験や知識が豊富であることも、年上としての魅力を引き立てるものです。

若い女性と話をしていると幼過ぎて違和感を感じることも多々ありますが、ある意味これが当たり前の状態なわけで、基本的には相手の話を聞くスタンスで接しながら、内容に合わせてコチラの知識や経験を小出しにしていくといった流れが効果的です。

相手女性に対して、同年代や年下の男性からは味わえない刺激を会話の中でどれだけ感じてもらえるか、このことを強く意識して話を進められるように心掛けましょう。

決断力やリーダーシップを前面に出し、頼りがいのある印象を与えることも重要です。
相手が女性だからといって母性本能をくすぐるような発言は、この場合では全く意味を成しません。

いずれにしても、コチラが年相応のまっとうなおっさんに育っていさえすれば(笑)、若い男性に比べてもはるかに勝るレベルの知識や経験、年上男性としての魅力は自然に備わっているものなので、変に気張らず自分を出していけば大丈夫です。

長期戦を意識する

年上であるなら焦りやガツガツ感は絶対に禁物です。
若い男性と同じ括りに分類されて終わります。
じっくりと時間を掛けてお互いを理解するペースをコチラの主導で作ってあげることで、相手に対して大きな安心感を与えることができます。

過去に僕が出会った若い女性とのメールのやり取りは、一番長い期間で一年近く続いたものもありました。
その間、相手がリアルに他の同年代の男性と出会ってしまったりしないか凄く不安な気持ちになることもありましたが、それはそれでもう腹を括ってガマンするしかありません。
待って待って待ち続けた分、出会えた時の嬉しさは格別なものがあります。
その彼女からあとから聞いた話では、彼女も僕との約1年間のやり取りのうち、後半の半年間は常に僕からの誘いを待ち続けていたということでした。
おっさんが体験するには余りにももったいない恋愛体験でしたね(笑)

エロ話はNG

もう言わずもがなです。
少なくとも実際に出会えるまでは絶対に我慢しましょう。

以上、ポイントを5つ挙げてみましたが、このような事を意識して臨めば若い女性との出会いはそれほど困難なことではありません。

会いやすい女性

40代の僕が今までに出会って付き合った事のある、一回り以上も離れた年下女性は、だいたいが次のような家庭環境で育っていました。

  • 両親が離婚(特に父子家庭)
  • 一回り以上離れた年上の兄や姉の存在
  • しつけが厳格(特に幼い時期)

年上の人間が身近な環境にいたり、両親からの愛情を満足に感じ取れていなかったりした場合に、年上好きになる傾向が多いようです。

ちなみに、優柔不断で甘えん坊、Mっ気の強い男性は、そのままのキャラでは年下女性と上手くいく可能性は限りなく低いでしょう。

その性格はまさに、年上好きの女性の性格そのものだからです。
お互いに相反する要素を補完しあえる部分が多いほど相性が良くなることは言うまでもありません。

僕自身もどちらかと言うと優柔不断で甘えん坊気味、本来はかなりMっ気の強い性格なので、素のキャラでは年上の女性に受け入れられやすいのですが、さすがにアラフォーの身で年上の女性が相手という状況は極力後回しにしたい形なので(笑)、20代の女性とやり取りする際は無理矢理キャラを作る意識を強く持つようにしています。

30代の男がライバル

また当然ながら、若い世代の女性を狙う男性は婚活アプリの世界には多数存在するので、ライバルの多さは覚悟しなければなりません。

なので、ライバルである他のアラフォー男性に比べて、頭一つリードできるプラスアルファな要素が持てることも重要です。
これに関しては、相手女性一人ひとりに合わせて戦略を考えていけるとよいでしょう。

例えば相手女性に趣味があれば、それに対しより深い造詣をアピールできたり、さり気なくお金持ちであることを匂わすことができたり、相手女性が興味を持っている事に対して深い知識や経験を示す事ができたりすると、相手にとっての存在感が増す可能性は大いに高まります。

最後に、何より一番大事なことは、相手女性に対して最大限の思いやりをもって接する気持ちを持ち続けることです。

一回り以上も歳が離れた若い女性とのやり取りが慣れてくると、自然とコチラの態度が傲慢になったり相手を下に見たりといったふうになりがちですが、途端に相手は離れていってしまいます。

僕も過去に、仲良くなった年下女性からの相談話に対し、配慮に欠ける発言をしてアッサリと去られた経験が数回あります。
いずれも相手を子供扱いしてしまったことが原因であり、百年の恋も一瞬で散りえるということをまざまざと実感しましたね。

相手に対する気持ちは、必ず文章に雰囲気として表れます。
相手女性を思いやり、大事にする気持ちを捨てずに接し続けることができれば、いずれ必ず若い子との出会いは成功するでしょう。

なお、婚活系のサイトは歳の差を現実的にみられる可能性が高いので、PCMAXやハッピーメールなどがオススメです。

アラフォー世代の男性は、数年後にはもう現実的に熟女しか相手にできなくなるかも知れないところまできています。
年上男性としての魅力をふんだんに活かせるこの時期こそ、チャンス溢れる婚活アプリで大いに頑張りましょう。

40代男の婚活市場

婚活には大きく分けて3種類がある。

  1. オーネットやツヴァイなどの、高額な結婚相談
  2. ペアーズomiaiなどfacebookと連動した実名の婚活
  3. PCMAXやハッピーメールなどの匿名の出会い系

料金は上から順に高額になる。

  1. 結婚相談系は手厚く相談される分、料金は高くて10万程度で入会金もある。
  2. 婚活系は月額性で5000円程度。
  3. 出会い系はポイント制でメール1通が50円で送信回数にもよるが、せいぜい月に2000円程度。女性は完全無料である。

年齢も上から順に高齢

年齢層も真面目な出会いが多ければ多いほど年齢層は必然的に高くなる。若い相手を望んでいるなら婚活サイトは避けておいた方が無難である。

facebook系の出会いも年齢層は自然と高く40代が相場である。

一昔前のデータでは考えられないが、今やネットでの恋愛はあたりまえの時代になっている。

しかも、若者だけでなく30代、40代までもネット婚活で成婚がうなぎのぼり。

出会い系がきっかけで結婚した夫婦の方がお見合いで結婚した夫婦よりも多いという楽天ウェディングの統計データがある。

インターネットは積極的に活用していくべきだろう。

ただし、いきなり高額な結婚相談系に登録すると、莫大な必要がかかるばかりか、理想が高い相手に悩まされなかなかマッチングしないのが現実である。

ネット婚活は気軽にアプリでやるべき

ネットに不信感を抱く人も多いが、facebookと連携したアプリも多く信頼度は高い。
ペアーズやOmiaiは料金も月額固定で3000円ほどである。

結婚相談所や婚活サイトに登録する前に、気軽にゆるゆる婚活を試してみてはどうだろうか。

シンママは婚活アプリで再婚相手を探そう

シングルマザーは敬遠され、時間もないし、出会いが少ない。
晩婚化が騒がれている昨今、シングルマザーの婚活はさらに難儀になる。

だが、婚活サイトの登録率は男が大半という異常事態になっているため、厳しい環境を優しく緩和してくれる。

驕らず高ぶらず。
みんな、環境に対して愚痴は言わず、迷惑をかけた親や子供に対して申し訳ないという慎ましい態度をとれば、相手は見つかる。

再婚に向いている婚活アプリはマリッシュが有名です。

再婚は自分にハンデがあると考えてしまう方も少なくありません。

しかし、実際に行われている婚活おいても、バツイチの方を限定としているパーティーもありますし、マリッシュのような再婚を前提としたアプリもあるのです。

バツイチなどを条件としている婚活パーティーには、こういった事情を踏まえて参加されていますので、このような現状であってもお互い理解の範囲となります。この理解してくれているというのがとても大きく、参加者同士が気兼ねすることがなく婚活に取り組むことができます。

ネット婚活以外は結婚相談所がある

パーティー

「結婚の為の出会い」となると、結婚情報サービスや結婚相談所等のプロが主催するサービスを利用するのも手である。

婚活の為のサービスは大きく分けて、「結婚情報サービス」、「地域型結婚相談所」、「お見合いパーティー」と3種類があるので自分に会った出会いの場を選ぼう。

結婚情報サービス

最近主流となっている、ネットとリアルの長所を取り入れたサービスで料金の形態は、最初の登録料+月額制のところがほとんど。登録料は会員誌やサービスサイトへの登録料なので必須だが、月額は早めに相手を見つけて退会すればそれだけ安く済む。

出会うまでの流れとしては、基本はネットで届く紹介書、または自分で条件を入力して異性の会員を検索し、希望の相手に申し込む。基本は自分でサービス内の掲示板や匿名メール等で申し込むというのがポイント。つまり文章力とリードする為の能力に長けている人が有利である。

もちろん自分のスペックが相手の条件に合えば向こうから申し込みが来る事も多々あるが、自分から積極的にアピールした方が希望の相手を見つけやすい。「自分は異性慣れしていないから無理だ」ということもなく、多数のライバルが同じように自信が無い。

そもそも結婚情報サービスに登録している人は、出会いの場自体が少ないか、自分から異性を食事に誘うのが苦手という奥手なタイプの人がほとんどなので、自分に自信を持って出来るだけ積極的に申し込もう。

また、なかなか自分から申し込んでも上手くいかない人は、アドバイザーに相談してアドバイスをもらったり、オプションで出会いの場をセッティングしてもらう事も可能だ。他にもオプションで様々な出会いのイベントやパーティーを頻繁に開催しているので、リアルでの出会いを重視する積極性のある人にも向いている。

このように、結婚情報サービスはネットとリアルのいいとこ取りをしたサービスなので、自分の性格にあった出会いの探し方を模索できる。

結婚相談所

結婚相談所のサービス形態は、一言で言うならば「お見合い斡旋」だ。基本的には地域密着型で、アドバイザーがお見合いをセッティングしてくれる。

料金の形態は成婚時にまとまった金額が必要になる。成婚に至らなければ手付金程度で済むが、結婚出来なければ本末転倒なので、申し込む際には成婚ベースの料金がかかる事を想定しよう。

お見合いというと前時代的な響きだが、第三者が間に入って出会いの場から取り仕切ってくれるのは、自分からリードするのが苦手な人にとっては救いとなる。特に奥手な人に取っては、結婚情報サービスより結婚相談所のほうがよい。

短所としては、地域密着型な為、会員数が少ない。
また、仲人との相性が悪いと、好みじゃない異性を強く推される等のトラブルもあるため第三者に婚活を完全に委ねるのはリスクもある。

お見合いパーティー

お見合いパーティーは名前の通り、不特定多数の男女が一同に会してのパーティー形式のイベントである。ビンゴゲーム等一通りみんなでやった後に、ペアのお見合いタイムがある。

料金形態は1回いくらという単発型がほとんどで、男性は有料、女性は安めor無料のところがが多い。女性完全無料のところは高確率で地雷が潜んでいる。

不特定多数の男女が一同に会すので、好みの異性を1発で探しやすいというメリットはありますが、標準以上の容姿とコミュニケーション能力がないと、その場で相手を見つけるのはなかなか難しい。これは合コン等の単発型の出会いの形に通じる点が、第一印象で相手を決めるとなると、自分も相手もどうしても見た目から入りがちになる傾向が強い。

また、お見合いパーティーでは、有名どころを選ばないとサクラが混じっているリスクもある。サクラについては、開催側に雇われたサクラでなくても、毎回きている常連がサクラ化しているパターンもある。流行っていた街コンも廃止に追い込まれている。

医師限定や年収600万円以上限定のようなパーティーだと、参加前にある程度のフィルターにかけられるので、地雷率はかなり下がる。社会的地位や年収の高い人は、それなりに教育水準も高く、最低限の常識を備えている人が多いため職種限定型のお見合いパーティーは外れが少ない。

どの婚活サービスを選ぶかは自由

第三者に全て仕切ってもらいたい人や、手っ取り早く最初から会う事から始めたい人以外は、結婚情報サービスを利用しよう。積極性はある程度必要だが、出会いの形の自由度が高いのは大きなアドバンテージである。自由度が高いという事は、それだけ恋愛結婚に結びつきやすく、お見合いからの結婚に抵抗がある人にも受け入れられやすいだろう。

どの結婚情報サービスを選ぶべきかといえば、「料金がある程度高め」で「会員数が出来るだけ多い」ところがよい。同じで完全無料だと質の悪い会員が多いからだ。

婚活ならば最大手の楽天のオーネットが人数も多く成婚率が高い。しかし、料金が高いのが難点である。

ネット環境が整って便利で楽しい時代になった。
さらに普及しているのがインターネットを使った婚活だ。

運命の相手は画面の向こうにいるのだ。

40代でも再婚のチャンスが増えている

婚活者の中には、再婚のために活動されている方もいらっしゃいますよね。また、一度結婚を経験されているためか、異性に対しても懐が深い傾向にあります。そのため、男性には、相手がシングルマザーでも許容とする方が多くいます。

一方で慎重になりすぎて、再婚できない男性もいますので、その特徴を下記に記載します。

初婚の女性に拘ると厳しい

これは、高学歴や一流企業に勤めている方に多い傾向にあるそうです。また、再婚ということを忘れ、初婚当時の理想を持ってきている場合があります。ただ、男性にとって理想的な女性というのは、初婚の男性と結婚する可能性が高いのです。

メンタルが弱い

再婚による婚活では、フラれる機会は多くあるでしょう。そのため、フラれる頻度が多くなることで、男性は傷ついてしまい、婚活に消極的となります。ただ、そこで、諦めずに積極的に行動することが、再婚へと繋がるでしょう。

都合が悪いことを隠す

男性は気になる異性には格好いいところを見せたいものですよね。ただ、男性の中には都合が悪いことを話さずに伏せてしまう方もいます。そのため、相手の両親の状態や離婚の原因などを話さないことで、再婚を目前にして解消になるなんてことも珍しくありません。

女性の中にはブランド物には興味がない方もいますよね。また、綺麗好きをアピールする方もいますよね。ただ、女性によっては、この言葉を鵜呑みにできない場合があります。
何故ならローンを利用してブランド品を買い、部屋に散らかっている可能性があるからです。そのため、女性が頻繁に何かしらの理由を付けて、家に寄せ付けないのは、裏があるかもしれません。

しかし、男性側がこれに気付けずに、再婚直前に発覚することで解消となる場合もありますこれは、女性側が都合の悪いことを隠しているパターンとなりますね。

離婚の過去を改善できない

離婚の原因は、100%前妻にあるとして、自分は全く悪くないと考えている男性もいますよね。このような方は、相手とメール等のコミュニケーションを図る上で、自分の落ち度に気付かない傾向にあります。そのため、メールに返信がないことも、相手に原因があるとして、怒ることがあります。

また、前妻と相手を比べてしまう男性も問題です。このタイプの方は、前妻のような女性は避けようと決めて行動をしています。そのため、相手の欠点ばかりに目がいってしまい、本質を見抜けなくなっている場合があります。また、逆に、前妻よりもダメな部分に目がいってしまい、勝手に相手の評価を下げている男性などもいます。

このように、再婚できない男性にはいくつかの特徴があります。そこで、もし、当てはまる部分があると感じる方は、少しだけ考え方を変えてみては如何でしょう。

そうすることで、婚活も順調となる可能性がありますから、婚活の参考にしましょう。

理想の相手に巡り合うには

40代が婚活をする上で利用する方法は様々とあるはずです。友人からの紹介や仲間内で開いてくれる合コン、婚活サイトなどに登録してのネット婚活や各地域で開催している婚活パーティーへの参加もあります。

他には婚活バーといった方法や結婚相談に親身に応じてくれる婚活サービスもあります。婚活においてどのような方法が、確実であることや希望の人に出会える、もしくは結婚する相手に必ず出会えるとは言えませんが利用することで出会える場に参加することはできます。

この参加することが初めの一歩としては重要な心構えとなります。どの方法を取るにしろ、絶対結婚できるわけではありませんが、何もせずにじっとしていては本当に結婚できる可能性が下がってしまいます。

どのサービスを利用しても婚活のためにはなります。そこで私がこの中でどのサービスがいいか考えた場合にはネット婚活は現代的でとてもいいと考えています。私自身、ネット婚活で相手を見つけることができたので、そういった意味でもオススメできます。

次に婚活パーティーへ参加することです。これは直接女性と話したり、コミュニケーションを取ったりすることで実践を積むことができるからのでオススメです。それに参加する婚活パーティーの参加費を払うことで利用することができ、その参加費もそれほど高くないため、別の婚活方法と合わせて利用するには適しています。

40代で本気の恋はなかなかできない

40代で本気の恋というのはなかなかできないものである。

婚活もどうしても妥協のようになってしまうが、恋愛を成就させるために、哲学と心理学を学ぶとより有利になる。

恋愛においては、恋したふりをする人のほうが本当に恋している人よりもずっとうまく成功する。(ランクロ)

演技は本気の恋を凌駕する

楽しい人生をおくるために演技というのはとても重要だ。
ちなみにセックスのとき、全ての女は多少なりとも演技をしているらしい。

だって、そのほうが男も喜んでもっと頑張るじゃないか。
演技は人生に必要なスパイスなのだ。

色恋は本当はしたくないのだが、可愛い子と二人で遊んでいると、彼女がいるのにいないと言ってしまったり好きでもないのに好きっぽい表現をしてしまうことがある。

そして、色恋をしているうちに本当に好きになることもあった。
それも含めて恋なのかもしれないが。

ちなみにフリ(演技)っていうのは重要だ。
俳優だって役によってブサイクでもメチャクチャ格好よくなるじゃないか!

みんなも、つまらない上司の話を楽しそうに聞くでしょ?
日本人は自然に身についている技術なのだ。

演技に疲れてしまったときが恋の終焉

片思いの恋の終わりは振られた時ではなくて片思いの気持ちを失った時と言うが、
長年付き合ったカップルや夫婦が別れるときは演技をするのが疲れてしまった時なのかもしれない。

そう、すべては演技でできている。
長年連れ添っている夫婦なんかはとっくに恋しているフリをしているだけなのだろう。

だが、人生を楽しく生きるためには恋愛は不可欠だと思う。

何歳になっても恋愛をすると中学生の時みたいに淡い気持ちになる。
初めて会うときのドキドキは永遠に変わらない。

老人ホームで恋愛沙汰が問題になるのも納得である。

結婚しても演技は続けるべき

長年連れ添っている夫婦なんかはとっくに恋しているフリをしているだけなのかもしれない。
その演技が辛くなった人が離婚や仮面夫婦などになってしまうと。
きっとそうだ。

子供がいたりしたら、この考えが変わるのかと思ったが
結婚をして子供がいる友人は男も女も、やっぱりドキドキしていたいとのこと。

でも子供がいる状態で、夫婦間で恋愛するフリをすることすらできなくなってしまったとき、離婚か、仮面夫婦となる。

ランクロと真逆の哲学

恋愛においては、あまり好きにならないことが、 好きにならせる確実な方法である
by ラ・ロシュフーコー

ちょっと真逆の名言を見つけてしまったが、これも正しいと言える。
安定は恋をなくし、不安は恋をよみがえらせるなんて言葉もあるくらいだ。

じゃあ、どれが正解なんだ?
っていうあなたにこんな言葉をささげよう。

「女はクロスワードに似ている。難解なほど楽しい。」

哲学や名言はこの辺にしておいて次は実用的な心理学を。

相手の座り方で自分に好意があるかが分かる

人間は話しやすい側があるらしい。
右側から話しかけるのと左側から話しかけるのでは反応が違うのだ。

どちら側から話しかけたほうが上手くいくのかは、
人によって違うのだが、それは普段の姿勢から判断でできる。
話しかけられたくない側は自然と防御しているのだ。

カバンを持っている、髪をたらしている、アクセサリー(腕輪)を付けている。
これらは防御に使われていて、つまり話しかけられたくない側なのだ。

だから、話しかけやすい側に自分がいけばいい。
これは1対1のデートでも先に歩かせれば分かるし
合コンでもカバンを置いてない側に座ればいい
ナンパでももちろんつかえる。

そこを気を付けて会話すれば盛り上がるし
「なんか波長が合う人」→「素敵な人」→「抱かれてもいい人」につながるのだ。

俺の話が盛り上がらなかった原因は逆側から攻めてからなんだ。←違います

ちなみに、俺は左側にカバンを持つし、髪の分け目も左側が隠れる感じにしている。
だから、左側から話しかけられると違和感がある。
このように自分に置き換えるとなんとなく理解ができる。

好意があるかを調べる方法

さて、お待たせしました。
座り方で好きか嫌いかを判断できちゃう方法です。

それは相手の足の組み方で分かります。
横に座ると、初めは緊張感と警戒心から足を組んでいません。
少し時間が経つと、リラックスして足を組みます。

自分より遠い側の足を上に乗っている場合は興味がある、逆の場合は興味がない

足組み

もし、足が逆を向かれてしまったら話題を変えるか退散すればいいのだ。
ぜひ、デートや合コンなんかで使ってみてほしい。

婚活で注意すべき見た目

婚活パーティー
婚活では、初めて出会う方とお話をするわけですから第一印象が非常に大切となります。では、第一印象の決めてとして、何が挙げられるでしょう。

例えば、容姿や体格、インスピレーションなどがありますが、主に男性の方が初め年齢や外見で判断する傾向にあります。

ただ、女性は総合的な視点から、相手のことを判断する傾向にあります。そのため、見た目でも身だしなみが重要になります。

そこで、第一印象の決め手には、まず、婚活の服装を考えることが大切となります。
また、服装がしっかりとしていて、内面も好感を抱いてもらえるとカップル成立の確率は高まるでしょう。

40代の男性はどのような服装を心がけると良いのでしょうか?

清潔感が重要

清潔感のある服装や身だしなみは最も重要なポイントとなります。
不潔さを感じさせてしまうような服装では、相手に不快感を与えてしまう恐れがあります。さらに、生活もだらしない人間であると判断される可能性がありますから、清潔感のある服装をしましょう。

人によっては、ありのままを見てもらうのが一番だと考える方もいますが、そこは、婚活という場であることを忘れないで下さい。見ず知らずのもの同士で会うわけですから、社会人のマナーとしても、服装は大切なポイントとなります。例え、内面的に素晴らしい方だとしても、第一印象で対象から外されてしまっては勿体ないですよね。

また、過剰なオシャレやブランド品を複数身に付けるといったことも避けましょう。オシャレではありますが、婚活の場としては、やり過ぎもまた好感を得づらいものとなります。

服装はスーツが無難

婚活パーティーの内容などにもよりますが、最近ではカジュアルな格好で参加される方も増えています。綺麗めな格好にオシャレなジャケットで参加されている方も見掛けます。また、スーツで参加されている方もいらっしゃいますね。

もし、婚活の服装に悩むようでしたら、スーツで参加されるといいでしょう。
これは、女性の方が男性のスーツ姿を素敵だと感じる方が多い傾向にあるからとなります。また、スーツをしっかりと着こなすことで清潔感のある格好にもなりますから、第一印象で評価を落とすリスクを避けることができます。しかも、カップルと慣れた際には、徐々に自分らしい服装を見せることで、相手も楽しめることでしょう。

身だしなみ

清潔な服装や格好も大切なポイントとなりますが、身だしなみを整えることもポイントです。例えば、髪の毛がボサボサ、口臭やムダ毛、整えていないヒゲ、ツメなども女性は確認しています。そのため、いくら服装が良くても、細かい身だしなみも整えなくては、台無しとなる恐れがあります。

また、男性から女性を見た際、女性はしっかりとオシャレをして、素敵な格好で参加していますよね。そんな女性の気遣いや気持ちに答えるためにも、男性も服装や身だしなみを心がける必要があります。

このように、婚活に適して服装や心構えなどがあります。
ただ、これで、確実に婚活パーティーなどでカップル成立になるとは言えません。

しかし、婚活で、お互い気持ち良く会話ができる雰囲気や恰好などは、順調に話が進むことに繋がる可能性がありますから参考としましょう。

好印象を与える服装とは?

初めての婚活パーティーは、何かと緊張してそわそわしませんか?私は、初めての婚活パーティーは、とても緊張して、前日は眠れなかったのを覚えています。

そんな私が、婚活パーティーへ初めて参加するときに、とても迷ったのが服装です。初対面の方には第一印象がとても大切であるため、どのような服装で参加するべきなのか、とても悩みました。

そもそも、私服で参加するのか、それとも、スーツで参加するのが基本なのか、といったことすらわかっていなかったため、とても不安でした。ちなみに、参加されている方にはスーツの方も私服である方もいらっしゃいますので、基本どちらでも大丈夫です。

しかし、婚活パーティーによっては、スーツでの参加やジャケット着用が定められている場合もありますから、参加の条件をしっかりと確認しておきましょう。また、いくら私服での参加に問題がなくても、派手すぎる服装や相手が失礼だと感じるような服装で参加されることは控えましょう。

では、婚活パーティーで好印象を得るにはどのような服装がいいのでしょうか?

派手さよりも年齢にあわせる

40代の男性が基本とされるのが「清潔感」のある服装となります。考えてみて下さい、もし、あなたから見て相手が清潔感のない服装をしていたら、自分から進んで話しかけると言った行動は避けるはずです。

それどころか、カップルになりたいかも、といった可能性すらも頭に残らず、候補に挙げることもしないはずです。しかも、話した印象はいいかもしれないと感じても、服装がなぁといったことになると、その婚活パーティーは残念なものになりますよね。

これは相手から見ても同じことで、清潔感のある服装をしているだけで、多少話すことが苦手であっても、相手がさらにあなたのことを知りたいと、努力してくれるかもしれません。

また、女性も清潔感のある服装が大切で、さらに清楚感や女性らしさが伝わってくる服装が良いとされています。そもそも、一般的に男性は清楚な女性に惹かれることが多いですから、婚活パーティーで清潔感のある女性らしい服装は好感を得ることができます。

次に大切なのが、年齢に合わせた服装となります。

人によっては、年齢よりも若い服装をされているのが好みな方もいらっしゃいますし、それが似合う方もいらっしゃいますから一概に悪いとは言えませんし、清潔感もあり、年齢不相応でも似合っているなら問題ないのかもしれませんが、そこは、婚活パーティーとなりますので年齢相応の服装であることも大切です。

もし、20代くらいの方で40代くらいが身につけるようなアクセサリーや服装をしていたら違和感がありませんか?逆に、40代の方が極端に若い服装をしているのを見ても違和感があるでしょう。

そのため、婚活パーティーに参加される場合には、清潔感のある服装が良く、年齢相応の服装であることが望ましいです。ただ、どうしても迷ってしまう方や服装に自信がない方は、スーツで参加されるのが良いでしょう。

これはスーツで参加したからと言って悪い印象を持つ方は少ないからです。

服装というのは、個人のセンスも絡んでくるため、難しい部分もあるのですが、やはり、第一印象というのは、非常に重要となりますので、婚活パーティーで好印象を得るためにも頑張りましょう。

40代の婚活におすすめ

PCMAXは会員数が1400万人を突破し運営が18年続いている人気の婚活サイトです。

\ 無料で登録と退会できる /

PCMAXを見てみる

今なら1000円分のポイント付き(女性は無料)

無料で会うことも可能ですが登録二日以内のポイント購入がお得です。

続いてのオススメはペアーズ です。

どちらも初心者でも気軽に試せます。

質問がありましたら問い合わせからご連絡ください。

Copyright© 40代の婚活ブログ , 2020 All Rights Reserved.