アエルネの評判は本当か?

アエルネ

オタク婚活というユニークなコンセプトの婚活サイト、アエルネ。

どうせなら趣味が合う人と結婚したい!

というオタクの方は、気になっている人も多いんじゃないでしょうか。

でも、本当に出会えるのか、業者やサクラはいないのか、気になりますよね。

そこで実態を調査すべく、アエルネを1ヶ月間利用してみました。
※結局予定変更で2ヶ月間使ってしまいました。。。

この記事ではアエルネの料金や詳しい機能から、体験談、最後に口コミまで紹介します。

アエルネとは?

アエルネはオタクに特化した婚活サイトです。

日記やアンケート、オフ会、知恵袋といった個性的なコンテンツが搭載されています。

「オタク向け」というニッチな需要を狙った、新スタイルの婚活サイトです。

運営会社 株式会社ちくちく
会員数 約2万人
登録費用 無料
出会いのコスト 男性:月額5,000円~ 女性:月額2,500円~
年齢層 男女共に20代~30代後半がメイン層
利用目的 婚活・真面目な恋人探し、趣味友

オタク向けの婚活パーティーで有名な、アエルラを運営していた株式会社ナゲットが立ち上げたのが始まりです。

現在は運営会社が株式会社ちくちくに変更されましたが、社長は同じ方。アエルネ用の会社を立ち上げたということでしょう。

ちなみにオタク婚活パーティーとして人気を博していたアエルラは2017年11月にサービス終了しました。

アエルネ一本に注力するためにサービス終了させたとのことで、運営会社の本気度が伺えます。

アエルネの年齢層と利用目的

アエルネのユーザーの年齢層は20代~30代が中心です。

年齢層の調査も兼ねて、アクティブユーザー数を男女別年齢別に調べてみました。

20~25歳 26~30歳 31~35歳 36~40歳 41歳以上
男性 1,412人 3,941人 3,550人 1,564人 956人
女性 2,406人 5,224人 3,746人 1,119人 296人

男女比はマッチングサイトには珍しく女性の方が多いですが、ほぼ5:5といったところです。

やはり男性の料金の高さが響き、男性会員が集まりにくいのでしょう。

詳しい年齢層については体験談で後述しますが、20代半ば~後半辺りが一番のボリューム層で、他サイトと比べて若い人が多い印象です。

一応婚活サイトとなってますが、他の有名婚活サイトとは違い、まずは趣味友を探そうという人が多く目につきました。

趣味を入口にした婚活サイトというコンセプト通りと考えていいんじゃないでしょうか。

アエルネには一応「婚活コンシェルジュ」というサポーターがいるんですが、他の婚活サイトよりはライトな雰囲気ですね。

どちらかというと恋活アプリやSNSに近い気がします。

アエルネの料金

アエルネの料金は月額制とポイント制を選択できるシステムです。

男女共に有料で、男女の月額料金が違うというのはかなり珍しい料金体系です。

男性 月額5,000円
女性 月額2,000円

料金は月額制の他サイトと比較すると、男性はかなり高いです。

一方、女性の料金は女性有料の婚活サイトと比べると、1ヶ月コース単体では最安値。

ただし、そもそも女性完全無料の恋活アプリがたくさんあるので、安いというのも変な話ですが・・・。

上記の月額制以外にも、ポイント課金制を選択することができるのもアエルネの特徴です。

ただし、無料会員は自分からアプローチできないうえ、もし相手からアプローチがあっても1人とやり取りするだけで結構な料金がかかります。
(男性3,000円、女性1,500円)

月2人以上の異性とメールするのであれば、月額制の方がお得になる計算です。

さらに問題なのは、アエルネは登録初月の月会費が日割り計算されないという点。

有料コースのお支払いは月単位で行っており、日割り計算は行っておりません。
なお、毎月20日が決済日となりますので、20日にお申込みいただくといちばんおトクです。

要するに19日に登録すると、利用期間1日でも5,000円の料金が発生してしまいます。

正直この料金設定だと、ほかに余程のメリットがない限り男性会員を集めることは難しいのではないでしょうか。

アエルネの良い点

アエルネの良い点は次の4つです。

  1. 共通の趣味を持った異性を探しやすい
  2. オフ会が定期的に開催されている
  3. 日記機能など、SNS的要素を備えている
  4. サクラや業者がいない

共通の趣味を持った異性を探しやすい

アエルネの特長なので当然と言えば当然ですが、共通の趣味を持った異性を探すことは容易にできます。

アニメ、ボカロ、声優、コスプレから歴史や鉄道まで16ジャンルから検索することができます。

アニメ
マンガ
ゲーム
ラノベ
ボカロ
ニコニコ
ドール
フィギュア
声優
同人誌
コスプレ
ボーイズラブ
特撮
芸能
歴史
鉄道

これだけのジャンルが用意されているのは、社長自身がオタクであることが生きているのではないでしょうか。

※アエルネ運営会社の社長はオタクを自負しています。

オフ会が定期的に開催されている

アエルネは婚活サイトながら、婚活パーティーは開催されていませんが、オフ会が定期的に開催されています。

  • スパコミ使って顔見せ会
  • 秋葉原カラオケの集い計画
  • 池袋パフェオフ会
  • アニメファンの集い 秋葉原
  • モンハンワールド!(オンラインオフ会)

これはオフ会の一例ですが、このようにオタク趣味に特化したオフ会が定期的に開催されています。

確かに婚活パーティーと銘打つより、オフ会の方がオタクの方にとっては参加しやすいかもしれませんね。

さらに、このオフ会はあなた自身で主催することもできます。

「いい感じになっている子がいるけど、いきなり二人では会いづらい」という方は、オフ会を利用して会うことを考えてもいいかもしれません。

日記機能など、SNS的要素が充実している

アエルネには日記や掲示板、アンケート機能が備わっており、SNS的な雰囲気が強いという特徴があります。

  • 婚活日記
  • 婚活掲示板
  • 婚活アンケート
  • 好きな作品ランキング
  • 婚活知恵袋

ちなみにほとんどの機能の頭に「婚活」と付いていますが、婚活以外の話題でもなんでもOKなようです。(むしろ婚活ネタの方が少ない気が。)

婚活日記(有料会員のみ利用可)には自分で書いたイラストやコスプレ写真、プラモの写真などを投稿することができるため、同じ趣味同士の異性との話のネタには困りません。

個人的にオススメな機能は好きな作品ランキング。

アニメや漫画の人気投票的な機能ですが、投票した人を見ることができるのがポイントです。

自分のお気に入りの作品に投票している異性がひと目でわかるため、趣味が一致する人を探すことが容易になっています。

サクラや業者がいない

アエルネに登録するためには免許証等の画像を送信する必要があるため、外部から業者が侵入してくるリスクを最大限排除できていると言えます。

加えて女性も有料のサイトは、女性になりすました業者が入り込みにくいというメリットがあります。

それに、アエルネの会員数の少なさを見ると、サクラを雇っていることは考えにくいです。

ちなみに、婚活サイトや出会い系サイトでサクラを雇っていることがバレると、運営会社の社長は詐欺罪で逮捕されます。

現代で「出会い系サイトのサクラ募集!」なんて募集したら、絶対にどこかから情報が漏れますよね。

そういった意味でもサクラの心配をする必要はないと言えます。

アエルネの悪い点

1ヶ月使った結果、残念ながら悪い点が目についてしまいました。

  • 男性の料金が高い
  • 会員数が少ない
  • 男性の料金が高い

まず、料金が飛び抜けて高いため、男性会員が集まりにくいのは当然のところ。

男性会員が少ないと女性にとっても月額を払ってまで利用しようというモチベが生まれにくく、女性会員も集まりにくいという悪循環が生まれています。

それに月額料金が日割りではないというのは、、、運営会社がそこまで大きな会社ではないので、少しでも事務負担を減らしたい意図があるのかもしれません。

しかしユーザーにとってはマイナス面の方が大きい制度なので、なんとか改善してほしいところです。

会員数はマッチングサイトの中ではかなり少ないです。

地方在住の方は近所に会員がいない可能性が高いため、登録しないほうが無難です。

東京在住の方はそれなりに会員がいるので、出会えないとは言い切れません。

しかし、選択肢を広げたい人は会員数が多いサイトを選んだほうが良いと思います。

オタク趣味が共有できる恋活アプリ

アエルネでは共通のオタク趣味を持った異性と出会うことができるのが最大のメリットです。

しかし残念なことに、アエルネ以外の恋活サイトでも共通のオタク趣味を持った異性と簡単に出会うことができます。

趣味コミュニティが豊富なペアーズとwithには、個別アニメのコミュニティも豊富に設置されています。

超メジャーなアニメのコミュニティはもちろん、超マイナーなアニメのコミュニティもたいていは存在します。

これを見るとわざわざ料金が高いアエルネに登録しなくても、共通のオタク趣味を持った異性と出会うことは可能に思えてしまいますよね。

アエルネの会員数や料金がネックになっている方は、半額くらいの料金で利用できるペアーズやwithがおすすめできます!

ペアーズは40代の婚活ババアとヤリチンもいる

アエルネの使い方

アエルネのシステムは慣れるまで少し分かりづらいかもしれません。

アプローチから会うまでの流れは次のようになります。

  1. 気になる異性を探して「アプローチする」ボタンを押す
  2. 相手が「ぜひぜひ」を返してきたらマッチング成立、プチトークへ移行
  3. プチトークは1週間限定でマッチングした相手とメールができる。連絡先交換はNG
  4. プチトーク期間終了後「ジャッジメント」へ移行。お互いがOKすればガチトークへ
  5. ガチトークはいわゆる普通のメール。ここで気が合えば「面会」ボタンを押し、連絡先を交換!

ちなみに無料会員でもプチトークは利用できますが、自分からアプローチすることはできません。

要するに無料会員は待ち一辺倒ということです。

男は無料会員だとまず出会えないってことですね。。。

ガチトークは有料会員か、500ポイントを購入しなければ利用できません。(男性3,000円、女性1,500円)

したがって、会うためには課金は必須になると考えてください。

ただし、相手のガチトーク費用を肩代わりしてあげることができます。

男は払う側しか経験することはないでしょうが。。。女性にはありがたいシステムかもしれませんね。

毎日ログインするも・・・

そんなこんなで毎日こまめにログインし、アプローチを送る日々。

しかし利用開始から半月ぐらい経った辺りで問題に気づく。

ライバルが少ないのはいいのですが、いかんせんターゲットとなる女性が少なすぎる!

毎日ログインしていると、1ヶ月もしないうちに同じ女性しか目に付かなくなります。

運良く目当ての女性とマッチングすればいいサイトと言えるかもしれませんが、確実に出会いたいのであればやはりオススメはできません。

東京はまだマシとは言え、それでも会員は多くはないです。

ペアーズなどの巨大サイトに慣れていると驚くべき少なさです。

しかし!私は2ヶ月目に運良く1人のアニオタ女子と面会することができました。

実際会ってみるとちょっとイメージと違い(顔ではなく性格が)、1回きりで終わってしまいましたが。。。

出会えない訳ではないので、お金に余裕がある人は試してみてもいいかもしれません。

ここまでの解説で悪い面が目立ってしまったかもしれませんが、首都圏の人であれば出会うことは可能ですよ!

-婚活サイト

© 2021 40代の婚活ブログ