出会いネットの評価

更新日:

出会いネットは2001年から誕生している婚活サイトで登録は独身でかつ真面目な人に絞りっている。
前身は恋のサーチエンジンであったが2010年から出会いネットに名前を変更した。

出会いネット

そんな出会いネットを評価していく。

料金は定額制

最近はペアーズ・Omiaiと定額制の婚活サイトが増えている。
退会を忘れる人もいるだろうし、月額ビジネスは金になるからだ。
ユーザーからすれば、圧倒的にポイント制のほうが負担は少ない。

昔からの定額制といえば、ラブサーチが有名だったが、最近は低迷していて
2017年の出会いネットとラブサーチの知名度を比較すると互角になっていた。

出会いネットとラブサーチ

既婚者は登録できない

真剣な出会いというだけあって、
プロフィールは未婚か離婚のみで既婚者の選択はない。

出会いネットの結婚歴

離婚が3割の時代なのだから別居中や調停中の訳あり夫婦も許容すべきである。

名前の確認

日本国内の婚活サイトを利用するには18歳以上であることの証明が必要で身分証明書の画像提示かクレジットカードが必要となる。

法的な年齢確認は、クレカまたは、運転免許証、健康保険証、パスポート、学生証のいずれかで生年月日だけ分かればいいのだが出会いネットは名前の表示も要求している
これにより偽名が使えなくなるため、女で無料登録して遊ぶネカマはいなくなるし、真面目な出会いを探せる。

年齢確認

入金があざとい

出会いネットの男性の料金は、
30日間コースで3,240円、90日間で8,640円、180日間で12,960円となっているが、利用規約を見ると、驚きの内容が。

クレジットカード会員(男性)は、退会手続きがなされるまで自動的に継続され、選択された利用期間ごとに請求が行われます。

180日契約で、期間満了を1日でもすぎると12960円が発生するのかー!
日割計算による減額はないとも明記されている。

退会は忘れやすい。
docomoでも使わないサービスにずっと払い続けてた。

クレジットカードは怖いから、銀行振り込みにしようとすると、、、

※お振込金額は、8,640円 (90日間)、12,960円 (180日間)のいずれかになります。

まさかの90日間からかー!
男からここまで金をとれば、女は無料だから、男女比が同じなるわー。

利益に対しても真面目すぎでしょ。

入金をしていなくてもイイネとメッセージは届くが相手のプロフィールを見ることはできない。
もどかしい。

出会いネットのイイネ

会員が少ない

出会いネットの口コミを見ると、地方はログインしている会員数が少ないという情報があった。

出会いネットのお試し検索

無料のお試し検索をすると異性のプロフィールをみることができるが、
無料検索ではログイン日時が分らないため幽霊会員もありうる。

体験してみたいが、誰もいなかったらムダ金である。
初期投資が高額すぎて、体験する気になれない。

アプリも作ってないから情報も少なすぎるし、利用者の年齢層が高いことも容易に想像できる。

ポイント制で、無料体験のできる出会い系がいいわー。

-婚活サイト

Copyright© アラフォーの婚活の種類 , 2018 All Rights Reserved.